目次


はじめに 5


映画『スーパーローカルヒーロー』とは 16

 


1章 3・11後、ロンドンから尾道へ



 

僕はいったい、何をやりたいのか? 26


3・11ショック! 日本が大変なことになっている 29


東日本の人に避難を呼びかけよう 32


ノブエさんという変なオジサン 34


超アナログなノブエさんにいらだつ 37


避難者支援の活動記録を撮ろう! 40


 

 

 

2章 どこにでもいそうなオジサンは

     どこにもいないオジサンだった

 

「長江のおうち」に通い続ける 46


思考停止を止める日「YOU THINK 3.11」を企画 51


『カンタ!ティモール』で映画の力に目覚める 54


アーサー・ビナードさんの「生命の肯定」に共鳴 57


文学や音楽や芸術なしには世の中は変えられない 62 


「ノブエさん」を探るべく、ミュージシャンたちにインタビュー 68 
 

 

3章 映画が完成するまでの日々



 

「放射能」だけをテーマにした映画は、僕はつくらない 76


人は映像より「音」で映画を観ている 79 


さて。150時間の素材をどうやって編集する? 80


尾道と移住組はクリエイティブな人材の宝庫 82 


スタッフ間で意見が割れる。僕も揺れた 85 


タイトル『スーパーローカルヒーロー』に込めた想い 88 


誰に観てもらいたいかを絞り込む 90 


ノブエさんの感想は「なつかしい」だった 91 

 

 


4章 東京ではなく尾道から発信する
 

世界を勇気づける映画にしたい 98 


大林監督からの使者の言葉に涙する 103 

嬉しい誤算。団塊の世代が動いた 107


自主上映に130人。トットリノキセキ 110


世界の舞台へのパスポートが届く 114

生涯忘れられない6日間。ワルシャワ国際映画祭 119


20代、30代の若者からフクシマへの質問が続出 129


ベルリンから日本へのメッセージ 135

野本ゆうこさん一家と僕の葛藤 140


音楽に関わる人たちからのあたたかい後押し 142


しかし、トーキョーには落とし穴が待っていた 144


宣伝費100万円達成の舞台裏 149 


「渋谷クラブクアトロ」での夢のような一夜 153 

「止まらない人たち」に、どうすれば伝わるのだろう? 160
 

 

 

5章 それぞれがそれぞれの場所で平和をつくる

 

ノブエさんを動かすものはフリーエネルギー? 166


大切なのは、どう生きてどう死ぬか 171


ヒーローに憧れる時代は終わった 173


それぞれの選択を尊重する 176


詩作『みえない津波』 180


子どもの頃の自分を取り戻す 184


「海の見える畑付き島暮らし」の始まり 186


循環を意識すれば、心も暮らしも豊かになる 188


「オカネイラズ尾道」を立ち上げる 189

 

 


 あとがきに代えて 



 

「私たちはもともと一つだった」ことを思い出そう 194
 僕の映画哲学と青柳さんの音楽哲学は響き合っていた 197
 世界を良くしたいと思っている人はたくさんいる 198




 

 


 ◎人物紹介 202


◎スペシャルサンクス 210


◎映画『スーパーローカルヒーロー』クレジット 214


◎映画『スーパーローカルヒーロー』自主上映の案内 221


◎映画『スーパーローカルヒーロー』無料視聴の案内 222